オカムラ初代コンテッサ座面高さ操作ワイヤー交換DIY

当ページのリンクには広告が含まれています。
オカムラ初代コンテッサ座面高さ操作ワイヤー交換DIYアイキャッチ
悩んでいる子ねこ

コンテッサは右肘の操作レバーにより、座面の高さ調節ができるのですが、中古で購入したコンテッサの操作レバーは手ごたえがなく座面高さ調節もできません。

ねこ先生

そのコンテッサを確認したところワイヤーロープが切れていたのでホームセンターで買った材料で修理するところをこの記事で紹介します。良かったらご覧ください。

オカムラコンテッサの座面高さ調節するステンレスワイヤーロープが切れることはあまりないかもしれませんが、ワイヤーが伸びて調整またはワイヤー交換が必要になった方にも参考になるかと思い記事にしました。

今回は近所のホームセンターにおいてある材料を使って数百円でインナーワイヤーのみ交換し、アウターは再使用しました。

ご近所のホームセンターにφ0.8mmステンレスワイヤーロープの在庫がない場合は少し割高なネット購入となりますが修理は可能です。

それでは、必要な材料から紹介します。

目次

材料

  • ステンレスワイヤー0.8mm
  • ワイヤースリーブ
  • タミヤエポキシ造形パテ高密度タイプ
ベスト
¥432 (2024/04/11 08:18時点 | Amazon調べ)

純正のワイヤーロープをノギスで計測すると0.8mmでした。

純正のアウターケースの入り口に1.15mmのキリを突っ込んでみるとギリギリ入ったのでもしかするとφ1mmのステンレスワイヤーロープで代用できるかもしれませんが確証はありません。

スーパービバホームで購入したステンレスワイヤーロープですが正確にはφ0.81mmです。

純正より0.01mm太いですが何の問題もありませんでした。

ちなみにコーナンとケイヨーデイツーにはφ0.8mm程度のワイヤーはありませんでした。

それでは、ワイヤーロープを交換した手順を紹介します。

座面高さ調整用インナーワイヤー交換手順

切れた座面高さ調整ワイヤーロープ
切れた座面高さ調整ワイヤーロープ
手順
メッシュ座面を外す

1番のプラスドライバーでネジ4本を外します。

ネジの場所がわからない場合は、以前の記事中の「初代コンテッサの座面を取り外す」を参考にしてください。

メッシュ座面のスペーサー
メッシュ座面前側のスペーサー
メッシュ座面の固定ネジ
メッシュ座面のスペーサーと固定ネジ

スペーサーは前側のみ付いていました。

長いネジ2本が前側、短いネジ2本が後ろ側の固定ネジです。

以前修理したグレーのクッションタイプの座面は六角ボルトで固定されていましたが、メッシュタイプのこちらはタッピングネジで固定されておりました。年式によるものか、座面タイプによる違いなのかは不明です

メッシュ座面を取り外したところ

今回の修理には関係ありませんが、写真では背メッシュも外しております。

手順
切れた座面高さ調整ワイヤーロープを外す。

ワイヤーロープは途中で切れているのでワイヤーロープアウターケースの両端から引き抜けました。

ワイヤーロープのサイズ

  • 長さ:1m
  • ワイヤー径:0.8mm
  • 両端の玉径:3.3mm
座面高さ調節ワイヤーロープ長さ
座面高さ調節ワイヤーロープ長さ1m
座面高さ調節ワイヤーロープ径
座面高さ調節ワイヤーロープ径0.8mm
座面高さ調節ワイヤーロープ両端の玉径
座面高さ調節ワイヤーロープ両端の玉径3.3mm
手順
ワイヤーロープのレバー側を玉型に加工する
準備したワイヤーロープとスリーブ
準備したワイヤーロープとスリーブ

玉付きワイヤーもネット上で購入可能でしたが今回はホームセンターで手に入る部品で製作しました。

ホームセンターでのワイヤーは切り売りで必要な長さを店員さんに言うと10cmほど長めに切ってくれるので今回は1mで十分でした。

ワイヤースリーブ圧着
ワイヤースリーブ圧着

ワイヤースリーブは無理やり最小サイズになるように何度もカシメました。

使用したスリーブパッケージ裏を見る限りカシメる工具は指定されていないようなのでラジオペンチやプライヤで十分のようです。

スリーブをカット
ワイヤースリーブを適当な大きさにカット

ワイヤースリーブは玉付きワイヤーの大きさになるようにワイヤーカッターで切りました。

ツノダ(Tsunoda)
¥2,220 (2024/04/15 23:06時点 | Amazon調べ)
タミヤ造形パテで成形
タミヤ造形パテで玉形に成形

ワイヤーカッターでカットしたワイヤースリーブは、タミヤ造形パテを手でこねて玉型に整形して余裕を見て24時間乾燥させました。

プラモデル用のエポキシパテですが強度は十分です。

手順
ワイヤーロープをアウターケースに通す
アウターケース内にシリコンオイル注入
アウターケース内にシリコンオイル注入
ワイヤーロープをアウターケースに通す

レバー側を玉付き加工したワイヤーロープを肘置き側のアウターケースから通します。

ワイヤーロープの玉が固定されていた所に収まるようにワイヤーを通します。

ワイヤーロープの玉を固定
ワイヤーロープの玉が固定された所
手順
通したワイヤーをカットして玉型に加工する
ワイヤーをカットするための目印を入れる
ワイヤーをカットするための目印を入れる

ガスダンパー側までワイヤーを通したら、ワイヤーをカットするための目印をマジックで入れました。

この段階で念のため肘置き側のレバーを操作して引っ掛かりなどがないか確認しました。

ガスダンパー側のアウターケース固定を外す
ガスダンパー側のアウターケース固定を外す

ワイヤー端末をカットして玉型に加工するために6mmの固定ナットを緩めてワイヤーアウターケースを外します。

取付の際には2つのナットで多少ワイヤーの長さ調整はできるようです。

ダンパー側ワイヤースリーブカシメ
ダンパー側ワイヤースリーブカシメ
ダンパー側ワイヤースリーブカシメをパテで成形
ダンパー側ワイヤースリーブカシメをパテで成形
パテ乾燥後取付け
パテ乾燥後取付け

手順3と同様にワイヤー端末を玉型に加工した方が良いと思いつつも、スリーブを切るのが手間で写真の通り長いまま加工して取り付けました。

手順
メッシュ座面を元に戻してネジで固定する

座面に座り座面高さ操作レバーを動かして、正常に動作しました。

以上がオカムラコンテッサの座面高さ操作ワイヤーの交換方法です。

この方法であれば、自分で簡単に交換できますし、費用も安く済みます。

オカムラコンテッサの座面高さ操作ワイヤーに不具合がある場合は、ぜひ試してみてください。

オカムラ初代コンテッサ座面高さ操作ワイヤー交換DIYアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になりましたらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次