セロー250フロントブレーキパッド交換

当ページのリンクには広告が含まれています。
フロントブレーキパッド交換-アイキャッチ
悩んでいる子ねこ

資格がなくてもブレーキパッドを交換しても大丈夫ですか?

ねこ先生

使用者として登録している本人が実施して記録を残しておけるならパット交換はじめブレーキの分解整備も可能です。むしろ一度ぐらいブレーキパッド交換は自分でやって構造を理解しておく方が安全です。

使用車両:SEROW250 2017年 DG17J

リヤブレーキは純正ブレーキパッドでもフットブレーキを少し踏み込めばリヤタイヤがロックしてしまう程の効きですので不満もありませんが、純正フロントブレーキではジャックナイフなどのアクションや急斜面の山で遊ぶには効きが甘いので純正プラスアルファの制動が欲しかったことからデイトナ最上級グレードの「ゴールデンパッドX(シンタードメタルパッド) 」を取り付けました。

この記事のセロー250は更に鋭いブレーキタッチを求めてYZ250マスターシリンダー、ステンレスメッシュホースに交換しております。ですのでガレバではフロントブレーキを使用すると効き過ぎてコントロールが難しくコケるので使用しておりません。

フロントブレーキパッド交換部品と工具一覧

それでは、作業を紹介して参ります。

目次

フロントブレーキパッドを交換した手順

Frキャリパー取り外し前

Frキャリパー ブレーキパッド取り外し前

この記事ではフロントアクスルグリスアップを同時に行ったのでFrタイヤを外しておりますが、ブレーキパッド交換だけならメンテナンススタンドに載せたりFrタイヤを外す必要はありません。

写真にはタイヤが写っていないのでブレーキキャリパーが見やすいかもしれません。

Frキャリパー車体右側からの写真

Frキャリパー車体右側からの写真

写真ではパッドが2枚くっついていますが本来は2枚のパッドの間にブレーキディスクがあります。

写真のパッド面にだけブレーキパッドシムが付いているので再利用します。ピストンと接触するブレーキパッドには付いていないので注意してください。

表記がない限り、写真は車体左側から撮影しました。

手順
フロントブレーキキャリパーAssyを外す

ボルト2本外す。

下側ボルトだけ外してフロントキャリパーAss’yをスライドさせてパッドのみ交換も可能ですが、この記事ではブレーキホースを外さない範囲で可能な限り清掃とグリスアップを行いました。

使用レンチサイズ

  • キャリパーサポートボルト12㎜
    締め付けトルク31Nm(3.1㎏・m)
フロントキャリパーAss’y

ブレーキホースは外すとブレーキフルードの交換とエア抜きが必要になりますので外しません。

キャリパー以外の清掃中はブレーキホースを傷めないようにキャリパーAss’yを車体へ吊るす針金などを用意しておくと良いです。

手順
フロントブレーキパッドを取り外す
フロントブレーキパッド
純正フロントブレーキパッドとシム

写真の交換した純正パッドの厚みは2.2mm残っており使用走行距離は7950Kmです。

ブレーキパッド純正の新品厚みは5.3mm、使用限度は0.8mmです。

フロントブレーキパッド裏面

シムはこちらの面に付いています。

フロントブレーキキャリパーブラケット
Frキャリパーブラケット車体右側からの写真

フロントブレーキキャリパーブラケットはフロントフォークに付いたまま外しません。

キャリパーブラケットには上下に一枚ずつ同じブレーキパッドスプリングが付いていますので外して清掃します。

外して清掃したい場合は締め付けトルク40Nm(4.0㎏・m)です。

手順
ピストン、ブレーキパッドスプリング、外したボルトなどを清掃する

ブレーキパーツクリーナーとウエスで清掃します。

フロントブレーキキャリパーピストン

フロントブレーキキャリパーピストンはブレーキレバーを数回握ると出てきます。ピストンを完全に引き抜くとブレーキフルード交換とエア抜きが必要になるので注意してください。

キャリパーピストンを戻すのは2つ同時に握力で戻せます。戻せないときは古いブレーキパッドなどの薄い板状の物を入れてマイナスドライバーなどでこじると余裕ですのでバイクは専用工具は必要ないです。

手順
シリコングリスを各部へ塗布する

こだわりがないのでブレーキパット交換時のグリースは、全てシリコングリスとしております。

他グリス使用例


ピストン、ダストシール:ラバーグリースやブレーキフルード
キャリパーサポートボルト(スライドピン):シリコングリス
ブレーキパッド裏面(鳴き止めと防食目的):パッドグリース

ピストンとダストシールグリス塗布
ピストンとダストシールグリス塗布
キャリパーのブレーキパッド接触面へのグリス塗布
キャリパーのブレーキシム接触面へのグリス塗布
ブレーキパッドスプリング×2、ブーツ×2へのグリス塗布
ブレーキパッドスプリング×2、ブーツ×2へのグリス塗布

ブレーキパッドスプリングはキャリパーブラケットの上下に一枚ずつ付いています。

キャリパーサポートボルト
手順
ブレーキパッドの面取りをして取り付ける。
ブレーキパッド面取り

ヤスリでブレーキパッドの面取りとブレーキディスクとの接触面も軽くヤスリ(60番使用)をかけておくことで初期馴染みが早くなり、振動が少なくなるので泣き止め効果があります。

ピストンとキャリーパーAssyとの接触面にはシリコングリスを薄く塗っておきますこれも泣き止めです。

純正のシムも泣き止めとして取り付けます。

今回の記事ではブレーキタッチを良くする意図からシムを取り付けていません。ブレーキが泣くようなら取り付けようと思いますが交換から一年ほど経っても泣いていないのでシリコングリスのみで大丈夫なようです。

シムを捨ててしまった方のために情報を載せておきます。

セロー250はすべての年式で共通だと思います。

部品名称:キャリパシム

部品番号:5XT-25828-00

株式会社ヒロチー商事 楽天市場店
¥668 (2024/07/14 05:07時点 | 楽天市場調べ)
手順
分解した逆の手順で組付け

使用レンチサイズ

  • キャリパーサポートボルト12㎜
    締め付けトルク31Nm(3.1㎏・m)
締め付けトルク

組付けたら試運転にて制動確認をして作業完了です。

最後に

純正ブレーキパッドからデイトナ最上級グレードの「ゴールデンパッドX(シンタードメタルパッド) 」を取り付けた感想は制動力が若干上がったような気がする程度ですが、純正パッドと比較して悪くはなっていません。今後の耐久性には期待してます。

参考までにブレーキパッド交換工賃(2023/6/10調べ)を調べると

2りんかん:ブレーキパッド(1キャリパー) 交換時間30分 通常工賃2,640円(税込)部品持ち込み5,280円(税込)

NAPSでも部品持ち込みですと工賃が上がるようなので決して難しい作業ではないので自分で交換がお得です。

では、愛車セローのメンテナンスが完了したら旅やツーリングを楽しんでください。

フロントブレーキパッド交換-アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が参考になりましたらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次